静鉄不動産 > 静鉄リフォームTOP > カラーコーディネーターのテクニックを学ぶ
Special Futuring Contents カラーコーディネーターのテクニックを学ぶ
オシャレな空間を演出するためのテクニック
色のコントラストと家具のセレクトでコンセプトを明確にする。
  • KIDS ROOM オシャレなキッズルームは、原色だけで成立しません。
    せっかくリフォームして真新しい空間になったにもかかわらず、どこか古くさい印象が残ってしまう・・・という方が多いのではないでしょうか。その理由のほとんどは「家具」や「カーペット」などのアイテムを買い替えることをしないまま空間を整えようとするからです。上のキッズルームの場合、オシャレな空間をキープするためにチェストはモノトーンにし、カーペットも原色ではない色彩を選び、家具はカラフルなアクセントカラーをセレクトしています。そうすることで、落ち着いたオシャレなキッズルームが完成するというわけです。
  • LIVING ROOM コントラストの「足し算」と「引き算」を考える。
    インテリア空間は、「コントラスト」を足し算したり、引き算したりすることで成立します。上のリビング写真を例に解説します。まず、「白」「黒」というモノトーンは「色」を持っていないため比較的簡単にオシャレな空間を創りやすいと言えますが、一般の方が上手くいかない理由は空間を美しく保つための「引き算」が出来ないからです。上の写真では、中央に白いソファーと白系のラグを使っています。また、アクセントとなる「シルバー」が白と黒をつなぎあわせ、オシャレな空間を演出する役割を果たしています。
空間にやわらかさを演出する丸みのある家具を取り入れる。
  • CHAIR 円形の家具は空間を和らげ、オシャレに見える。
    日本の住宅は、部屋のほとんどが四角い空間で出来ています。それゆえに、家具を置く前と家具を置いた後では明らかに空間が狭く感じてしまうだけでなく、生活感あふれた遊び心のない空間になりがちです。そこでワンポイントアドバイスです。空間に「円」や「曲線」を取り入れることで空間にやわらかさとセンスの良さを演出出来るだけでなく、空間を広く見せることも出来ます。部屋を改装するのはお金がかかってしまいますので、椅子やテーブル、パーテーションなどのアイテムで「曲線」を演出してみてください。
  • DISPLAY SHELF 白壁に、丸いシェルフを取り付けるだけでオシャレになる。
    一般家庭では、白い壁が多くの面積を占めています。この白壁にどういったアクセントを施すかで空間の印象が大きく変わるため、「絵」、「写真」、「ポスター」などを貼ったりしますが、「質感」をアップさせるたという点では効果的ではありません。そこで、飾り棚(ディスプレイシェルフ)が効果的だと言えます。上の写真は、壁に取り付けるタイプの飾り棚ですが、雑貨店などで見かける鉄製の曲線を活かしたシェルフが売られていますので、ご自分の部屋に合ったものをセレクトしてみてください。
オシャレで豪華な空間づくりには天井や壁に木や石を取り入れる。
  • WOOD 天井部に「木」を入れることで空間が一変する。
    最近の木造住宅は、リビングの天井部にカフェなどのオシャレな飲食店で見かけるような天井部に「梁」を飾りとして用いるケースが増えてきましたが、従来の住宅は、壁紙が貼ってあるだけというケースがほとんどです。そこで、リビング空間をリフォームする際は、天井の高さが多少低くなることを覚悟し、木部を取り入れ、床のフローリングも同時に変更することで空間のイメージをガラッと変えることができます。
  • STONE+WOOD リビングに「木」と「石」で豪華さを演出する。
    最近の分譲マンションなどのモデルルームでは、リビングに「木」や「石」を取り入れて豪華に魅せるというテニックを良く使います。この手法が主流になってきた要因としては、軽量かつ施工が簡単にできる材料を各メーカーが開発してきているという点が大きいと言えます。大型テレビが安価になったことも併せ、夢のようなリビング空間が手の届く範囲で実現できるようになったと言えます。
※掲載している写真は全てイメージです
Scroll Up